西洋占星術から生まれた星座の占いは日本では非常に人気が高く生活に溶け込んでいる。たのしく利用しよう。

星座による占いガイド
星座による占いガイド

星座の占いは日本では誰もが知る占い

星座の占いは、古代バビロニアで行われていた天体観測を期限とする西洋占星術を簡略化したものと言われています。西洋占星術は太陽系内外の惑星の位置や動き、大きさなどを、世の中の動きと照らし合わせて統計学的に検証する物で、古くから国家の運勢などを推測するのに使われてきました。それがだんだん個人の運勢も見るようになっていき、星座の占いは、その個人が生まれた時に太陽がどの星座にあったかでその人の性格や運勢を推測するものとなりました。

星座は12星座あります。何年か前に星座を一つ増やした13星座の占いが話題になりましたが今でも12星座で占う事がメインとなっています。日本は世界でもこの星座の占いが発達している国で、雑誌にはほとんど星座の占いが掲載されていますし、テレビの情報番組でも星座の占いが放送されています。また、占いの雑誌もたくさん発売されており、年末には来年の運勢を占う特別号が本屋に並びます。最近では、血液型占いや干支占いのような別の占いと組み合わせたものも人気です。

この人は何座だからこういう人と決めつけるのは問題ですが、話のとっかかりや話題のタネなどには使いやすい、誰もが知っていて興味深い事の一つだと思います。

Copyright (C)2017星座による占いガイド.All rights reserved.